藤井聡太四段が歴代最多29連勝 30年ぶり新記録

   

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が26日、東京・千駄ケ谷の東京将棋会館で行われた第30期竜王戦決勝トーナメント1回戦で、増田康宏四段(19)を下して、29連勝の歴代最多連勝記録を達成した。デビュー以来負けなしのおまけ付きだ。21日の王将戦予選で1987年に神谷広志五段(当時)が達成した28連勝に並んだばかりで、前人未到の記録をあっさりとクリアした。次の対局は7月2日、竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)と戦う。

@ついに記録更新やったね!藤井四段オメデトン!

それにしてもスゲ~よな負けなしっつ~のは(笑)

ゴルフなんかほとんど負けだぜ。自慢じゃないけど競技で勝った事ね~わ(爆)

たぶん藤井クンの脳内はポナンザ化してるんだろな。

今後どんだけ記録更新するかワクワクドキドキです♪

ではまた!

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。