2022アーノルド・パーマー招待 最終日

   

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 最終日(6日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7466yd(パー72)

2打差4位スタートのスコッティ・シェフラーが難コース相手に3バーディ、3ボギーの「72」でしのぎ、通算5アンダーで逆転優勝を飾った。3週前の「WMフェニックスオープン」での初優勝した25歳。今季複数回Vは松山英樹に続く2人目となり、フェデックスカップポイントレースでは松山を抜いて1位に浮上した。ティレル・ハットン(イングランド)、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)、首位タイから出たビリー・ホーシェルが4アンダー2位で並んだ。クリス・カークとゲーリー・ウッドランドが3アンダー5位。ホーシェルとともにトップから出たテーラー・ゴーチは「77」とスコアを落とし、この日のベストスコア「68」を出したルーカス・ハーバート(オーストラリア)と同じ2アンダー7位で終えた。ロリー・マキロイ(北アイルランド)は連日の「76」で1オーバー13位。大会初出場の世界ランキング1位ジョン・ラーム(スペイン)は2オーバー17位。松山は6バーディ、4ボギーの「70」と今週初のアンダーパーで回り、トータル3オーバー。58位からイム・ソンジェ(韓国)、トミー・フリートウッド(イングランド)らと同じ20位にジャンプアップしてフィニッシュした。

スコッティ・シェフラー選手、早々のツアー2勝目オメデトン!ついでにナイキもオメデトン!

3週前のフェニックスで念願の初優勝をやっと達成したと思ったら、みんなが欲しがるベイヒルをゲットとか笑いが止まらないなシェフラー(笑)

このベイヒルは起伏こそ無いものの、ラフ、ハザード、グリーンというプレーを阻むものの難易度が格段に高いので、いかにボギーを打たないかって戦いなんだよね。そういう点で15番のラフからまたチョロしたピンチからパーを拾ったのが一番の勝因ですね、フツーはダボでしょあの展開は(笑)
この調子の流れだとマスターズも期待が持てるんじゃないかな、シェフラー。

いつ見ても美しさと共にハンパない難易度のベイヒルだね。ビギナーの皆さんはお金さえ出せば回れるんだけど、ボールは2ダースは用意してね(笑)

来週はフロリダシリーズ3週目のプレーヤーズ選手権ね。ではまたね~!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。