2016三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日

      2017/04/09

国内男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズ(毎日新聞社など後援)は13日、静岡県御殿場市の太平洋C御殿場コースで最終ラウンドがあり、2位に6打差をつけてスタートした今季国内2戦目の松山英樹は、前半9ホールで3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーとスコアを一つ落としたが、後半9ホールで4バーディーを積み重ね、通算23アンダーの265でアマチュア時代の2011年以来5年ぶりの大会制覇。10月の日本オープン以来の国内8勝目を挙げて優勝賞金4000万円を獲得した。

 松山の優勝スコアは04年大会覇者のダレン・クラーク(英国)がマークした22アンダーを更新する大会記録で、初日から4日間トップの「完全優勝」は日米両ツアーを通じて自身初めて。2位は通算16アンダーの宋永漢(ソン・ヨンハン)=韓国=で、小平智とS・H・キム(韓国)が15アンダーで3位に入った。
 

hideki-matsuyama01

@松山ぶっちぎりだったな(笑)

骨太のスイングに更に磨きがかかっちゃったな(汗)

おまけにフェードでコントロールしてくるから向かうところ敵なしだね。

もう後はメジャー獲りにがんばって欲しいわ。とりあえずマスターズね。

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。