2019ファーマーズインシュアランス 最終日

   

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 最終日(27日)◇トリーパインズGC サウスコース (カリフォルニア州)◇7698yd(パー72)
3打リードの単独首位からスタートしたジャスティン・ローズ(イングランド)が6バーディ、3ボギーの「69」とし、通算21アンダーで逃げ切った。一時は混戦模様になったものの、後続を2打差で振り切り、節目の米国ツアー通算10勝目を手にした。通算19アンダーの2位にアダム・スコット(オーストラリア)。通算16アンダーの3位に松山英樹とテーラー・ゴーチが続いた。松山は7打差を追って6位からスタートし、6バーディ、1ボギーの「67」をマーク。優勝した2017年8月「WGCブリヂストン招待」以来のトップ3フィニッシュを決めた。前年覇者のジェイソン・デイ(オーストラリア)は16位スタートから「67」と伸ばし、通算14アンダーの5位タイで終えた。48位から出たタイガー・ウッズは6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算10アンダーの20位で終えた。

@ジャスティン・ローズ選手、米国ツアー通算10勝目オメデトン! Well done Justin !

もうワンパン余裕ってカンジの勝利だったね。前半は打っちゃったけど、ドンドン盛り返して17番のバーディがダメ押しになったね。この難コースで4日間60台は凄いよなあ(汗)この勢いでマスターズも頑張ってね♪

松山も健闘したじゃん。18番の2オンも呆れるぐらいスーパーだったわ♪

リーシュマンくんは先週も今週も見かけなかったけど、ワイハで遊んでんじゃね~だろな(笑)

ではまたね~!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。