2019日本シニアオープン 最終日

   

<日本シニアオープン 最終日◇22日◇日高カントリークラブ 東・西コース(埼玉県)◇7019ヤード・パー72>

シニアゴルファー日本一を決める「日本シニアオープン」最終日。首位から出た谷口徹が苦しみながらも1つ伸ばして、トータル8アンダーでフィニッシュ。シニアツアー初優勝を飾った。昨年大会で2位に終わった谷口。最終ホールはボギーとしたものの、トレードマークのガッツポーズを連発し、うれしい勝利となった。谷口は「日本オープン」に続いてシニアオープンも制覇の偉業を果たした。トータル7アンダーの2位にタワン・ウィラチャン(タイ)。バリー・レーン(イングランド)がトータル3アンダーの3位。田村尚之がトータル2アンダーで4位に入った。倉本昌弘ら4人がトータル1アンダーの5位タイ。深堀圭一郎、鈴木亨らがトータル1オーバーの10位タイ。手嶋多一がトータル1オーバーで13位タイとした。

@谷口徹選手、メジャーでシニアツアー初優勝オメデトン!

スイングは全然レギュラーの時と変わってないね。独特なバックスイングは参考にしたいな。ど~やってんの?

試合はウィラチャンとデッドヒートになったんだけど、後半ウィラチャンが息切れしちゃったな。ほんの僅差の精度の違いでズルズル落ちてくのがこのコースのの難しいセッティングなんだね。お椀型の速いグリーンと深いラフだと、ちょっとのズレで簡単にボギーになっちゃうね。で、無理するとダボ、トリもあるから曲がるプレーヤーはど~にもなんないね。

谷口のウイニングパット外しワロタわw お前トリとかにしたらプレーオフやんw
ま、入って良かったけどさ♪今後はシニア賞金王目指して頑張ってね♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。