某プロトラウマ映画サロン vol.9 鑑定士と顔のない依頼人

      2017/04/09

鑑定士と顔のない依頼人

 

【あらすじ】
ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、世界中のオークションで活躍する一流オークショニア。早くに親を亡くし、結婚もせず、友人もいない 人間嫌いの彼の楽しみは、自宅の隠し部屋の壁一面に飾った女性の肖像画鑑賞だった。自分が仕切るオークションで、パートナーのビリー(ドナルド・サザーラ ンド)が名画を格安で落札するよう仕向け、自分のコレクションに加えていたのだ。そんな彼の元に、クレア・イベットソン(シルヴィア・ホークス)と名乗る 女性から電話が入る。1年前に亡くなった両親が遺した家具や絵画を鑑定してほしいという依頼だった。指示された邸宅に向かったものの、彼女は姿を見せず、 後日再び訪問したところ、使用人のフレッド(フィリップ・ジャクソン)が現れる。やむなく1人で家の中を見て回ったヴァージルは、地下室の床に転がった何 かの部品に気付き、密かに持ち帰る。だが、鑑定が進んでもクレアは一向に姿を見せない。フレッドによると、歳は27だが、奇妙な病気を患っており、11年 の勤務中に一度も会ったことがないとの事。やがて、修理屋のロバート(ジム・スタージェス)に調査を依頼していた謎の部品が、18世紀に作られた機械人形 の一部である可能性が出てきた。数日後、“広場恐怖症”と呼ばれる病気により、“15歳から外へ出ていない”と告白したクレアに同情したヴァージルは、壁 越しのやり取りに同意する。自由な出入りを許され、彼女が屋敷の隠し部屋で暮らしていることに気付くと、影に隠れて彼女の姿を目撃。美しいその素顔に、恋 に落ちてしまう。再度の覗き見を彼女に見つかった時、ヴァージルは全てを打ち明け、遂に対面を果たす。互いに心を許してゆく2人。ところが、外出に強い拒 絶反応を示していたクレアが、ある日忽然と姿を消す。果たして、鑑定依頼の本当の目的は?そして、クレアの過去に隠された秘密とは?謎はまだ、入り口に過 ぎなかった……。

@最初、小難しい鑑定士のオッサンのギョ~カイ話なのかなと思ったら、なんか素敵なラブストーリーに発展。

あんだよ恋愛モノかよと思ってたら、それはないわってラストはトラウマサロン行きでもしょうがないカワイソさね(汗)

ラス前までは老紳士とオナノコのラブストーリーでけっこう感動しちゃったな。恋愛ものあんまり観ないほうなんだけどね。自分的にはここで終わって欲しかったなあ。

恋愛モノを最後まで観させたことに敬意を表してOKラウンジ入りと思ったけどやっぱトラウマ行きね。
オモシロ度 ★★★★

トラウマ度 ★★★★

 - 某プロトラウマ映画サロン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。