2022アジアパシフィックダイヤモンドカップ 最終日

   

◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップ 最終日(15日)◇大洗GC(茨城)◇7163yd(パー70)

1打差5位から出た今平周吾が3バーディ、1ボギーの「68」で回り、通算8アンダーとし、大混戦を制した。7月の海外メジャー最終戦「全英オープン」(スコットランド・セントアンドリュース オールドコース)の出場権を獲得した。2021年「フジサンケイクラシック」以来のツアー通算6勝目。21歳のアマチュア、鈴木晃祐(東北福祉大)が19位から1イーグル6バーディ、1ボギーの「63」をマークし、通算7アンダー2位に食い込んだ。ともに首位から出た桂川有人と大西魁斗、岩田寛が同じく2位で終えた。星野陸也は通算6アンダー6位で大会連覇はならず。稲森佑貴が香妻陣一朗らと並んで5アンダー8位。時松隆光は4アンダー11位に終わった。大会はアジアンツアーとの共同主管競技で、ツアーメンバー以外の優勝者に同ツアーのシード権も付与される。

@今平周吾選手、ツアー通算6勝目オメデトン!ついでにヤマハもオメデトン!PHVEい~な~♪

こういう拷問コースはやっぱり淡々と最善のプレーを続けた選手が勝つんだね。
順当にいけば桂川有人が僅差で逃げ切る展開だったんだけど、桂川、15番でやっちゃったな。まあグリーンも4パットしてもおかしくないイヤらしさなんだけど、なんといっても3打目の返しアプローチを無思慮に大オーバーさせたのが運の尽きになったな。まあ若いし、フェードの切れも抜群だから、また何度もチャンスはあると思うよ。今平はオマケで全英オープン行けるし、今年は楽しみが増えたね。

次回はゴルフパートナーかな。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。