2022ほけんの窓口レディース 最終日

   

◇国内女子◇ほけんの窓口レディース 最終日(15日)◇福岡CC 和白コース(福岡県)◇6299yd(パー72)

2打差の単独首位で出た28歳の渡邉彩香が6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、通算11アンダーで並んだ高橋彩華とのプレーオフを2ホール目で制した。コロナ禍で統合された2020-21年シーズン初戦「アース・モンダミンカップ」以来、約2年ぶりのツアー通算5勝目。昨年2月の結婚後の初勝利となった。最終組の1つ前の高橋に18番(パー5)のバーディで並ばれ、パーにとどまった渡邉はプレーオフに持ち込まれた。18番で繰り返されたプレーオフ2ホール目で、先に10m以上のバーディパットをねじ込んでガッツポーズ。内側につけていた高橋が外し、決着した。笑顔で勝利を決めると、夫の柔道家・小林悠輔さんとハグした。表彰式で「2年ぶりの優勝をたくさんのギャラリーの前で挙げることができ、うれしく思う。まだまだ試合は続くので、トップを目指して私らしいプレーで頑張っていきたい」と喜んだ。通算9アンダー3位に稲見萌寧と小祝さくら。2打差2位から出た原英莉花は2バーディ、2ボギーの「72」と伸ばせず、ルーキー小倉彩愛と並んで通算8アンダー5位で終えた。地元・福岡出身の三ヶ島かなは通算6アンダー9位。大会2勝の鈴木愛は通算2アンダー36位だった。

@渡邉彩香選手、ツアー通算5勝目オメデトン!ついでにBSもオメデトン!RVRい~な~♪

本線16番のチップインバーディで決まりかと思いきや、そのあととっ散らかってプレーオフだと(笑)本線18番の2打目はカラダ止まっちゃったな。フェード打ちは回転が止まるととんでもなく引っ掛かるんだよね。高橋の本線18番のバーディパットはきっかりタッチ合ってジャストで入った見事なもんだったね。

で、プレーオフでも渡邉のショットはとっ散らかってて、高橋は安定してたんだけど、結果は渡邉の優勝ね。ボクシングの判定だったら高橋の優勝なんだけど、渡邉の振り回したラッキーパンチが当たっちゃった感じだな(笑)ホントにゴルフは上がってナンボなんだよね。高橋は次頑張れ♪

来週はブリヂストンね。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。