ゴルフ男 完結編 【パッティングレッスン】・・16

      2017/04/10

ギ 「おめえさあ、単なるバカだと思ってたらウルトラ級のバカだっぺな!」
俺 「ものすごい言い様ですこと・・・」
ギ 「いいか、おめえのそのストロークの仕方じゃ面と面が合わないっぺ!」
「あれほどショットで肩の重要性を教えたのによお、応用しろよな!」
俺 「へ?パターもおんなじなんすか?」
ギ 「ウルトラ級バカ取り消し、ウルトラ水爆級バカに訂正だっぺ」
俺 「水爆でけっこうなんで、かいつまんでわかりやすくおながいします」
ギ 「じゃあようピン抜いて置いて、それに平行に構えろ」
「で、7Iを両脇に挟んでそれもピンに平行にセット」
「で、その平行を崩さないで動かすためには肩はどうなってる?」
俺 「ほえ~、けっこう縦に動かないと平行がたもてまへん」
ギ 「だろ?その肩が横に動いちゃうと軌道もフェースの向きも狂うっぺ」
俺 「なるほど納得!あんたさすがプロだねえ、教えるの上手いっぺ」
ギ 「キャバで駄目な分、なんか取り柄がなくちゃな」
俺 「先手打って言っちゃったのね・・・」

んで、日没までパター転がしますた。もうね、転がり良くなったっぺ!
なんかねえ、感じとしてはややこすりアゲてるようなインパクトだけんど、
これが面を変えない為の極意と大納得です。距離感もバッチリ合うし、
長いのが入りだすとポンポン入ります。不安な気持ちが完全に解消です!
よっし、このパッティングを引っさげて早朝ゴルフに殴りこみです!

ニューパッティングを引っさげて早朝ゴルフに殴りこみです!

俺 「うい~っす!がんばんべえ~!」
研A 「それにしてもめげない性格だっぺな~」
研B 「もしかして,秘伝26500円買ってたりして・・・」
俺  「なんか言った?」
研B 「いや・・昨日どんなこと教わったの?」
俺 「かくかくしかじか・・・」
研AB 「なーるほど、それはタイムリーなレッスンだっぺ!」
俺 「へえ、そーなの。けっこう解りやすかったっぺ」
研A 「当たり前みたいな事なんだけどやれてる人って驚くほど少ないっぺよ」
研B 「当たり前の事をやるのがホント難しい・・」
俺  「ゴルフってマジでやっかいなものなのね・・・」
んで、早速スタートでっす!
マッサージ行ったせいか疲れが取れてショットは相変わらず好調です。
「バッチ~ン!」で大体300Y前後行ってます。で、2ndショットも大体乗っていきます。
で、問題のパットは・・・とりあえず3パットしねえよ~、えっがった~・・・です。
結果発表・・・
1位 研A 35
2位 俺  37
3位 研B 38

研A 「いや~、あまりにも早い復調だっぺなあ~」
研B 「またもやグロスで負けちゃった・・」
俺 「秘伝は買ってないからね・・・」

ってことで、ようやっと試験レベルになってきた模様です。
そして夕方のラウンドに天を真っ二つにするような出来事が・・。

いよいよカッコついてきたとこで夕方のギリプロとのラウンドです。
ギ 「1オーバーだったんだって?やるじゃん!」
俺 「はは・・パットがおかげさんでまあまあだったから・・」
ってことでスタートです。
オナーは俺、「バッチ~ン」で290YFW左目。やっぱ手を目一杯使いだしてからつかまりがイイ。
ギリプロが 「カッシュ~~ン!」で295Y。糸を引くような真っ直ぐの球でFWセンター。さっすが!
研Aが 「キ~ン」で280Y。かる~いフェードでFWセンター。業師だね。
研Bが 「バシュ~」で285Y。CMみたいなハイドローでFWセンター。かっこええ。
2打目はみんな大体7Iです。ギリプロが上り1ピン。俺が奥から下り8m.。研Aが右フック5m。
研Bが左からスライス5m。
.結局バーディはギリプロだけで残り3人はパーです。
こんな調子で9Hの夕方トーナメントが繰り広げられますた。
んで、結果発表・・
1位 ギリプロ 33
2位 俺    34
3位 研B   35
4位 研A   36
やったっす、久々のアンダーでした。
もうね、5mくらいのパットがポンポコ入りますたです!
ギ 「うっひゃ~、なんかおめえプロっぽいプレーしたっぺなあ」
研A 「う~ん参った、ナイスプレーだっぺ!」
研B 「去年の34とは雰囲気がぜんぜん違うよ。プロっぽい」
俺 「はは・・またそんな・・」

ってことで、間近に迫った実技審査に大きな弾みがついたのですた!

 - ゴルフ男

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。