リオ五輪 バドミントン女子ダブルス決勝

      2017/04/09

リオデジャネイロ五輪第14日、バドミントン女子ダブルス決勝が行われ、第1シードの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)がペデルセン、リターユヒル組(デンマーク)に18-21、21-9、21-19で逆転勝ちし、全種目を通じて日本勢初の金メダルを獲得した。最終ゲームの16-19。あと2点を失えば敗れる。世界ランク1位の「タカマツ」ペアは窮地に追い込まれていた。デンマークの応援団はヒートアップ。上背のある相手ペアがどんどん大きく見える。松友は「負けるかと思った」。ここから信じられないような驚異の粘りを見せた。前日にレスリング女子58キロ級の決勝をテレビで見ていた高橋。伊調馨(ALSOK、八戸市出身)が残り10秒を切って劣勢をひっくり返した場面が脳裏に焼き付いた。「ここから逆転もあり得る」。強気の先輩が松友に盛んに声掛けし、2人のコンビネーションの維持に努めた。逆襲が始まった。相手には高さではかなわない。手の届かないライン際に素早くシャトルを落とす。大逆転の連続5ポイント。まさに神懸かりだった。試合終了の瞬間、2人は両手をVの字に高々と挙げた。高橋はコートに倒れ込み、松友はコーチと抱き合った。

9

デンマーク思いの外強かったな。

怒涛の逆転劇は興奮の嵐でした。

それにしても息の合い方ハンパないね。

それが強さの源なんだろね。

2連目指して頑張れ!

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。