大谷翔平、満票で大リーグMVP!

   

【ロサンゼルス時事】米大リーグのエンゼルスで投打の「二刀流」として活躍した大谷翔平選手(27)が18日(日本時間19日)、2021年のア・リーグ最優秀選手(MVP)に選出された。全米野球記者協会の会員30人による投票で決まり、全員から1位票を得た。

日本選手のMVP受賞は01年のイチロー選手(マリナーズ)以来20年ぶり2人目。大谷選手は「満票で取れたのは本当にすごくうれしい。選手としてピークを迎えるここから5~7年は、勝負の年だと思うのでもっと頑張りたい」と話した。大リーグ4年目の今季は投打で計158試合に出場。打者ではリーグ3位の46本塁打を放って最後までタイトルを争い、投手としては23試合に登板し9勝2敗、防御率3.18の成績を残した。
 大リーグで本格的に二刀流でプレーするのは1918、19年のベーブ・ルース以来。エンゼルスは大谷の登板日に指名打者(DH)を使わず、打者としても出場させる「リアル二刀流」で起用するなど常識を覆した。 

 ◇大谷翔平の略歴
 大谷 翔平(おおたに・しょうへい)岩手・花巻東高からドラフト1位で13年に日本ハム入りし、投打の「二刀流」に挑戦。14年に11勝、10本塁打で日本球界初の「2桁勝利、2桁本塁打」を達成。15年には最多勝(15勝)、最優秀防御率(2.24)、最高勝率(7割5分)の投手タイトルを獲得した。16年には投打にわたる活躍で優勝と日本一に貢献し、パ・リーグMVP。18年からは米大リーグのエンゼルスでプレーし、同年ア・リーグ新人王。今季のオールスター戦は史上初めて投手と打者の両方で選出された。193センチ、102キロ。右投げ左打ち。27歳。岩手県出身。

@大谷翔平選手、MVP受賞オメデトン!ついでにオータニファンもオメデトン!

下馬評通りぶっちぎりでのMVPでした。イチローもすごかったけど、大谷もいい勝負だと思います。来年がこれから楽しみですね♪

ちょっと前までは大リーグって呼んでて、サンフランシスコ・ジャイアンツの村上選手が日本人大リーガーのはしりだったな。日本にも親善試合でよく来たんだよね。巨人V9時代の時にカージナルスとかオリオールズだったな。もう当時は大人と子供は言い過ぎだけど、そんな感じの体力負け試合がほとんどだったね。それが今では体力勝ちの大谷すげえ!っていうカンジで笑えますね。カージナルスのギブソンっていうピッチャーが投げた後2~3歩歩いちゃう変則投法が印象に残ってるな。投げ方にキマリなんてないんだなってその時思ったね。

今年のホームランキング争いは、後半抜かれて2本差の46本に終わったんだけど、オールスターゲームのホームラン競技やってなければ、たぶんもうちょっと打ててたと思うんでその辺がちょっと残念だと思います。

この調子で怪我無くオフシーズンに成長したら、来年はもっと凄い事になりそうですね、お楽しみに♪

 

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。