2017サロンパスカップ 最終日

   

女子ゴルフの今季国内メジャー第1戦、ワールドレディース・サロンパスカップ最終日は7日、茨城GC西(6670ヤード、パー72)で行い、首位でスタートしたキム・ハヌル(28、韓国)が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダー、279で優勝した。優勝賞金2400万円と3年間のシード権を獲得。サイバーエージェント女子から2週連続優勝で、昨年11月のLPGAツアー選手権リコー杯に続くメジャー2連勝を飾った。ハヌルは3番から3連続バーディーを奪い、後続に2打差をつけてターン。後半も1打伸ばし、逃げ切った。3打差の2位は世界ランク5位のレキシー・トンプソン(米国)と日本ツアー初出場の高真栄(韓国)。予選2日間トップの川岸史果は5アンダーの4位。上田桃子が3アンダーの5位に入った。2年ぶり出場の宮里藍は1オーバーの14位。成田美寿々は2オーバーの21位に終わった。4日間のギャラリー数41484人は大会史上最多。

@ハヌルタン2週連続Vオメデトン!絶好調だね。

追いかけるレキシーもパワフルなスイングで圧巻の飛距離でしたが、後半はちょっと雑だったね。

川岸もいいところまで来るんだけど詰めが甘いんだよな。パットが入ったらじゃんじゃん勝つだろ。

それにしても日本勢はもうちょっと気合い入れないとダメだね。

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。