2017ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日

   

国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の最終日。全選手がこの日の競技を終え、6アンダー首位タイから出たホステスプロの畑岡奈紗が8バーディ・1ボギーとスコアを7つ伸ばし、トータル13アンダーでフィニッシュ。昨年の女子メジャー「日本女子オープン」をアマチュアで制して以来となるツアー2勝目を『18歳254日』での日本人最年少で飾った。宮里藍の記録『18歳262日』を8日更新した。
前半で4ストローク伸ばした畑岡は、後半でも12番から2連続バーディを奪うなど着実にスコアを積み重ねた。最終18番では約3.5mのバーディパットをねじ込み、両手を天に突き上げ喜びをあらわにした。この日は、ほかの上位勢が伸ばしあぐねるのを尻目に、8バーディ・1ボギーの“65”と圧巻のゴルフ。結局、後続に4打差をつける完勝劇でプロ初勝利に華をそえた。優勝インタビューでは、「プロ初優勝できてすごく嬉しい。優勝は後半に入って意識しました。宮里藍さんも勝っている大会で優勝できて嬉しいです」とコメント。ギャラリーからの拍手喝采を浴びた。

@奈紗タンプロ初優勝オメデトン!ついでにスリクソンもオメデトン!

相変わらずダウン以降の振り抜きが鋭いな。この辺は国内トップクラスだね。

しっかし爆発力あるよなあ。去年の日本女子オープンでもそうだけど最終日の捲り方はハンパないね。競走馬で言うと第4コーナー過ぎて直線で一気に行くタイプだね。

今日勝ったからQT免除でアメリカQTに集中できるね。宮里藍の後継者としても楽しみなわけですね。

まあ頑張れ♪ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。