2017ダイヤモンドカップ 最終日

   

【男子ゴルフ・アジアパシフィックオープン・ダイヤモンドカップ】最終日(24日、千葉・カレドニアンGC、7100ヤード=パー71、賞金総額1億5000万円、優勝3000万円)
1打差の3位で出た28歳の片岡大育が通算12アンダーとし、逆転で今季初勝利を挙げた。昨年の東海クラシック以来通算3勝目。混戦の中、片岡は終盤の16、17番の連続バーディーで抜け出した。3日間首位の高山忠洋と、プーム・サクサンシン(タイ)が2打差の2位。9アンダーの4位は今平周吾ら3人だった。

@片岡プロ今季初勝利オメデトン!ついでにBSもオメデトン!

なんだ泣いてやがって、調子わるかったんだな。まあ人間のカラダなんて3か月で細胞は全とっかえになるから好不調の波は絶対あるよな。スイングで感じたのはバックスイングをゆったり上げてたな。まあそんなのも今回の復調劇に関係あるのかもしれないね。よかったよかった♪

高山はスイング悪かったな。シャフトが寝たり寝なかったりアンステボーだったね。

さて秋の後半戦目白押しです。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。