2018スターツシニアトーナメント 最終日

   

男子ゴルフのシニアツアー、スターツ・シニアは10日、茨城県のスターツ笠間GC(7101ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が70で回り、通算13アンダーの203で大会2連覇を果たした。2打差の2位に久保勝美、さらに1打差の3位に倉本昌弘が入った。

@プラヤド・マークセン選手、大会2連覇オメデトン!

もう飛距離が場違いだから、ちょっと噛み合えば無敵だろ。まだまだレギュラーでやれるカンジだよな。

久保は18番はピッタリつけてプレーオフ狙いなのにバンカーじゃオワコンだよな。ガツンいっちゃったんかな。

倉本プロも頑張ったんだけどパットが入らなかったね。スイングは全盛期とそう変わらないぞ。PGA会長もこなしながらだから凄いよな。

片山の一件もあって、今後シニアツアーに取って代わられるような悪寒(汗)

ではまた!

 

 

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。