某プロトラウマ映画サロン vol.37 縞模様のパジャマの少年

   

縞模様のパジャマの少年

 

 

 

 

あらすじ

ブルーノは軍人である父親の仕事の都合でベルリンから遠く見知らぬ土地へ引っ越してきたが、遊び相手もおらず、退屈な日々を過ごしていた。そんな状況に限界を感じ始めたブルーノだったが、家から少し離れた場所に農場のような施設を発見する。大人の目を盗んでその施設へ行くと、そこには縞模様のパジャマを着た少年、シュムエルが地面に座っていた。シュムエルはユダヤ人であり、ドイツ軍によって迫害を受けていた。つまらない生活に退屈を感じていたブルーノと強制収容所で寂しい思いをしていたシュムエルに友情が芽生える。

 

@ナチスの収容所モノです。

殺伐とした背景の中でドイツ人とユダヤ人の子供の鉄条網越しの友情にほのぼのとする展開なんだけど、パジャマ借りて中に入るってトコでラストまで読めちゃったな。

いや~、全て予想通りの展開としてもきっついわ~コレ。こういう形でパパの仕事を手伝っちゃったか・・。

重~いラストがお好みの方は是非どうぞ。

トラウマ度

 - 某プロトラウマ映画サロン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。