某プロトラウマ映画サロン vol.20 ジャッキー・コーガン

   

ジャッキー・コーガン

 

 

あらすじ

大統領選挙が白熱する2008年、ルイジアナ州最大の街ニューオリンズ。刑務所から出所したばかりのフランキー(スクート・マクネイリー)は、犬泥棒のラッセル(ベン・メンデルゾーン)とともに犯罪組織の賭場に強盗に入る。組織は事件解決をディロン(サム・シェパード)に依頼するが、病気療養中の彼に代わって現れたのは、凄腕の殺し屋ジャッキー・コーガン(ブラッド・ピット)だった。ジャッキーは、連絡員の“ドライバー”(リチャード・ジェンキンス)から得た情報を元に行動を開始するが……。
「マネーボール」のブラッド・ピットが凄腕の殺し屋に扮した犯罪サスペンス。強盗に襲われたギャンブル場を仕切る犯罪組織からの依頼を受けて、事件解決を図る殺し屋ジャッキー・コーガンの姿を描く。

@う~んリアリティあるわコレ!

ブラッドピットの追い込みもけっこう迫力満点だわ(汗)

しっかしNYの殺し屋のダチはなにコレ、エッチしに来ただけじゃん(笑)

なかなかのR15指定モノなのでお気を付けて!

ではまた!

トラウマ度 ★★★
オモシロ度 ★★★

 - 某プロトラウマ映画サロン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。