2019デザートクラシック 最終日

   

◇米国男子◇デザートクラシック 最終日(20日)◇PGAウエスト TPCスタジアムコース(カリフォルニア州)◇ 7113yd(パー72)
3位からスタートしたアダム・ロングが7バーディ、ボギーなしの「65」で回り、通算26アンダーで逆転優勝。首位に3人が並んだ最終18番で4mのバーディパットを決めた。今季初めてPGAツアーに加わった31歳のルーキーが初タイトルを手にした。ロングと最終組をプレーしたフィル・ミケルソンとアダム・ハドウィン(カナダ)が通算25アンダーの2位。単独首位から出たミケルソンは「69」にとどまり、2打のリードを守り切れなかった。通算24アンダーの4位にテーラー・ゴーチ。通算22アンダーの5位にドミニク・ボツェリ。通算21アンダーの6位に前年覇者のジョン・ラーム(スペイン)が続いた。昨季年間王者のジャスティン・ローズ(イングランド)は、通算14アンダーの34位で2019年の自身初戦を終えた。

@アダム・ロング選手、ツアー初優勝オメデトン!ついでにナイキもオメデトン!

ロングは15番のチップインで追いついたのがデカかったな。寄らず入らずとでは雲泥に違いだな。

ミケは16番で二人がミスってるんだからイーグル行きたかったなあ。

で、18番のロングのセカンドショットはつま先下がりを軸をブラさず上手く打ったね。これがこの試合を決めたウイニングショットと言ってもいいだろね。

さて来週はトーレパインね♪

ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。