2019バルスパー選手権 最終日

   

◇米国男子◇バルスパー選手権 最終日(24日)◇イニスブルックリゾート&GC(フロリダ州)◇7340yd(パー71)
単独首位から出たポール・ケーシーが、「72」とスコアを落としながらも、通算8アンダーで大会初の連覇を達成した。ケーシーは、昨年大会以来となる米ツアー3勝目。通算7アンダーの2位に、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)とジェイソン・コクラックが続いた。通算6アンダーの4位には、バッバ・ワトソンとイム・ソンジェ(韓国)が入った。イムは今季4度目のトップ10入りと、好調なルーキーシーズンを送っている。最終組から出た世界ランク1位のダスティン・ジョンソンは、「74」と崩れて通算5アンダーの6位に終わった。38位から出た小平智は、2バーディ、3ボギーの1オーバー「72」で通算1オーバーの37位。3戦ぶりに4日間を戦い抜いた小平は、次週「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」に出場する。

@ポール・ケーシー選手、大会初の連覇でツアー3勝目オメデトン!ついでにナイキもオメデトン!

最終日は伸びないにも程があるだろ、1オーバーで逃げ切りとか(笑)
まあ実際、いやらしいレイアウトで風が吹いたから難しいは難しいけどね。ダスティン・ジョンソンみたいな飛ばし屋はフェアウェイから突き抜けちゃったりして噛み合わなかったな。

コクラックは18番のアプローチパターはしくじったなあ。フツーならプレーオフだろよ。
あんなだったらランニングの方が良かったんじゃね?ちょっと悔しい終わり方だよな。

来週はマッチプレーだからじっくり見れそうだね。

ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。