2019アクサレディス 最終日

   

◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 最終日(31日)◇UMKCC(宮崎県)◇6525yd(パー72)
4打リードの単独首位からスタートした20歳の河本結が4バーディ、2ボギーの「70」でプレーし、後続に5打差をつける通算15アンダーでツアー初優勝を飾った。河本は2018年のプロテストに合格したルーキーで、日本体育大の現役学生。同年に下部ツアー4勝を挙げて賞金ランキング1位になり今季前半の出場権を獲得した。最終日はスタートホールでボギーをたたくも、首位の座を譲ることなく独走で優勝を決めた。日本勢の開幕4連勝は2005年の11試合連続以来、14年ぶりとなった。通算10アンダーの2位にユン・チェヨン(韓国)とS.ランクン(タイ)。通算9アンダーの4位にペ・ヒギョン(韓国)、河本と同じ最終組のルーキー脇元華が続いた。最終組を構成したもうひとりのルーキー臼井麗香は吉本ひかる、全美貞(韓国)と並んで通算8アンダー6位。前週優勝の上田桃子は通算5アンダーの14位で終えた。

@河本結選手、ツアー初優勝オメデトン!ついでにキャロもオメデトン!

新人戦かよ、知らないのばっかやん(汗)

でも河本選手はスイングしっかりしてるし、最後まで振り切れてたからメンタル相当強いな。

上がり3ホールで5打差は余裕だったね。トーナメントレコード更新も大したもんだわ。
これで自信がついてドンドン勝つかどうか、今後注目ルーキーだね。

脇元華も頑張ったけど、多少攻めが雑なトコは今後の課題になるね。

ユン・チェヨン(韓国)とS.ランクン(タイ)はそのうち勝つでしょ。まあ頑張れ♪

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。