2019チューリッヒクラシック 最終日

   

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 最終日(28日)◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7431yd(パー72)
ツアー唯一のダブルス大会は一つのボールを交互に打つフォアサム形式で最終日を争い、ジョン・ラーム(スペイン)とライアン・パーマーが通算26アンダーで優勝した。首位から出た最終ラウンドを4バーディ、1ボギー「69」で回り、後続に3打差をつけて逃げ切った。ラームは2018年「キャリアビルダーチャレンジ」以来となるツアー通算3勝目。パーマーは2010年「ソニーオープンinハワイ」から9年ぶりの通算4勝目となった。通算23アンダーの2位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)とトミー・フリートウッド(イングランド)。通算21アンダーの3位タイにアン・ビョンフン(韓国)とマット・エブリー、ブライアン・ゲイとロリー・サバティーニ(スロバキア)の2組が並んだ。前年優勝のビリー・ホーシェルとスコット・ピアシーは通算18アンダーの13位に終わった。

@ジョン・ラーム & ライアン・パーマー選手、ダブルス初優勝オメデトン!

今年も来たな、チューリッヒなのにニューオリンズでやるアハンな大会が(笑)
屈強な男が2人で居ればアハンだという確証バイアスが脳内にかかってるから困るわ(汗)

冗談はさておき、ラーム & パーマー組の2人旅になっちゃったな。
なにしろラームの出来が良過ぎだわ。これ通常の大会でも優勝ちゃうかなラーム。
でもその良さを引き出してくれたのは年長者パーマーの存在だったりして、チーム戦ていうのは中々奥が深いのかもしれないね。

来週は拷問コースのウェルズファーゴだからお楽しみだよ♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。