2020WGCメキシコ選手権 最終日

   

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 最終日(23日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7355yd(パー71)

1打差の2位で出たパトリック・リードが5バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算18アンダーでツアー通算8勝目を挙げた。後半15番から3連続バーディを奪い逆転した。2014年「WGCキャデラック選手権」以来、2度目のWGCタイトル獲得となった。通算17アンダーの2位にブライソン・デシャンボー。通算15アンダーの3位にジョン・ラーム(スペイン)、エリック・ファンローエン(南アフリカ)が並んだ。世界ランキングトップのロリー・マキロイ(北アイルランド)は通算14アンダーの5位だった。松山英樹は6バーディ、2ボギーの「67」で回り、首位から出たジャスティン・トーマスらと同じ通算13アンダーの6位。松山は今季4度目のトップ10入りとなった。今平周吾は「75」で通算5オーバーの61位、石川遼は「71」でプレーし、通算12オーバーの68位で大会を終えた。

@パトリック・リード選手、ツアー通算8勝目オメデトン!ついでにナイキもオメデトン!

14番まではこの日伸ばしてたデシャンボーなのかなって展開だったんだけど、なによそのあと怒涛の3連続バーディはさ(笑)

で、2打差リードの18番ティーショットが右林突入ね。これはインパクトで詰まってヒールに当たったためね。ここでおバカは無理に狙ってキンコンやってダボ以上打っちゃうんだけど流石プロね、横に出してボギーの1打差の逆転勝利となりました。

デシャンボーも17番のパーパット入ってたらプレーオフだっただけに悔しいよね。

プエルトリコオープンツアールーキーのビクトル・ホブラン(ノルウェー)が1イーグル3バーディ、1トリプルボギーの「70」で回り、通算20アンダーでツアー初優勝を果たしました、オメデトン!

さて来週からフロリダ4連ちゃんね♪ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。