2021WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 決勝 B.ホーシェル vs S.シェフラー

   

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 最終日(28日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)

ビリー・ホーシェルが決勝戦でスコッティ・シェフラーを2&1(1ホール残して2アップ)で下し、グループリーグから7マッチを経て64人の頂点に立った。2018年の「チューリッヒクラシック」以来のツアー通算6勝目を、初の世界選手権シリーズ(WGC)のタイトルで飾った。午前中にスタートした準決勝でビクトル・ペレス(フランス)を3&2で下し、決勝でも初出場のシェフラーを相手に安定したプレーを見せた。1ダウンで迎えた5番でチップインバーディを奪ってオールスクエアに戻し、パーを拾った7番、9番を取って2アップとし、インコースで逃げ切った。学生時代をテキサスで過ごしたシェフラーは1アップで競り勝った準決勝のマット・クーチャー戦までビッグネームを次々と破ってきたが、PGAツアー初勝利はお預けとなった。3位決定戦では前年2位のクーチャーがペレスを2&1で破った。

@ビリー・ホーシェル選手、ビッグタイトルでツアー通算6勝目オメデトン!DELLのPCい~な~♪

ビッグネームがどんどん消えて割と脇役のこの二人の決勝になったんだけど、やっぱり華が無いので地味なゲームに終始したな。マッチプレーはちょっとしたスコアの噛み合わせで結果が左右されるから面白いよね。

で、シェフラーはホーシェルがたびたびとっ散らかってくれてるのに付き合っちゃったな。スイングも粗さが目立った分の差だと思いますね。

来週はテキサスね。ではまたね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。