2021チャールズ・シュワブチャレンジ 最終日

   

◇米国男子◇チャールズ・シュワブチャレンジ 最終日(30日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

首位ジョーダン・スピースを同じ最終組で1打差2位から追いかけたジェイソン・コクラックが5バーディ、5ボギーの「70」で回り、通算14アンダーとして逆転優勝を決めた。昨秋の「ザ・CJカップ」以来となる2020-21年シーズンの2勝目を飾った。スピースは前半2番から3連続ボギーを喫してリードを失い、コクラックとのマッチレースになったサンデーバックナインで2ボギー。「73」とスコアを落として通算12アンダーの2位となり、地元テキサスで今季2勝目を挙げることができなかった。10アンダーの3位にチャーリー・ホフマン、パット・キザイア、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)、イアン・ポールター(イングランド)が並んだ。前年大会王者のダニエル・バーガーはジャスティン・ローズ(イングランド)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、トニー・フィナウらと同じ4アンダー20位だった。

 

ジェイソン・コクラック選手、シーズン2勝目オメデトン!

昨日の勝みなみとおんなじでフツーにやってたら優勝しちゃったってカンジだな。それにしてもトップスタートのジョーダン・スピースが悪すぎたな。というかすべてにおいて雑なプレーが目立ったね。ラフからのショットでも微妙に余ってつっかえてグリーンを外したり、ドライバーでフェードが余ってこすり過ぎたり、まるで予選落ちの選手のパフォーマンスだね。復活優勝した矢先、まだまだ若いのに心技体のどこかに枯れが出てきたのか心配になるね。

来週はミュアフィールドです。ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。