2021GMO・サマンサタバサ 最終日

   

◇国内女子◇GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 最終日(18日)◇イーグルポイントGC (茨城県)◇6657yd(パー72)

33歳の若林舞衣子が通算15アンダーで並んだ野澤真央とのプレーオフを2ホール目で制し、2017年3月「アクサレディス」以来、4年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。惜敗した前週大会に続くプレーオフで雪辱を果たした。若林は19年4月に第1子を出産し、20年6月の「アース・モンダミンカップ」でツアーに復帰してから31試合目での優勝。1988年のツアー制施行後、01年の塩谷育代以来20年ぶり6人目の「ママさん初V」となった。この日は1打差2位から出て5バーディ、2ボギーの「69」でプレー。前週大会3日目から後半13番まで85ホール連続ノーボギーでツアー新記録を樹立した。これまでの申ジエ(韓国)の記録(15年、81ホール連続)を4ホール更新した。単独首位で出た野澤は5バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「70」でプレー。序盤で若林に首位の座を譲り、最終18番で追いついて自身初のプレーオフとなったものの、惜しくもツアー初優勝を逃した。イ・ミニョンが通算14アンダー3位。五輪日本代表の稲見萌寧は4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算12アンダー4位に入った。前週優勝の堀琴音は通算7アンダー14位だった。

@若林舞衣子選手、4年ぶりのツアー通算4勝目オメデトン!ついでにヨネックスもオメデトン!サマンサティアラい~な~♪

本線終盤からグダグダな展開になったけど、残業で勝ててよかったね♪
本線18番のアプローチで1ピン半オーバーしてボギーにしちゃって残業になったわけだけど、17番の似たようなトコからのロブ感覚がちょびっと出たな。おまけに下りだったのもツイてなかったな。17番は振るテイスト、18番はパターテイストなんだけど、もう少しフェース開いてればあれで良かったけど、なかなか切り替えが難しいんだね。

野澤真央も粗削りながら頑張ったね。タラレバだけど2回ぐらいカップを舐めたやつがはいってれば分からなかったね。次回頑張れ。

来週は北海道ね。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。