2019AT&Tバイロン・ネルソン 最終日

   

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 最終日(12日)◇トリニティフォレストGC(テキサ州)◇7371yd(パー71)

第3ラウンドの未消化分に続いて最終ラウンドが行われ、通算23アンダーとしたカン・スン(韓国)がツアー初優勝を飾った。カンは暫定2位のポジションから27ホールをプレー。単独首位で迎えた最終ラウンドを「67」として後続に2打差をつけ、2007年にプロ転向の31歳が初タイトルを手にした。通算21アンダーの2位にマット・エブリーとスコット・ピアシー。通算20アンダーの4位に、次週「全米プロゴルフ選手権」をディフェンディングチャンピオンとして迎えるブルックス・ケプカが続いた。22ホールをプレーした松山英樹は通算12アンダーの23位でフィニッシュした。36位からスタートした最終ラウンドを6バーディ、2ボギーの「67」で終えた。

@カン・スン選手、ツアー初優勝オメデトン!

2日目の確率変動61が最後までモノを言っちゃったな。6連続バーディとかゴト師かよ(笑)
とは言っても最終日の15番からの3連続バーディが無かったら分かんなかったけどね。
過去の成績を見てもそれほどパッとしたものが無いのにこの爆発力は何が原因なのかな??
今後もこの強さが続けば今回何か吹っ切れる収穫が練習ラウンドを含めてあったのかもしれないね。
カン・スン選手はこれと言った特徴がない地味なキャラクターだから、なんか面白いリアクションでもすればいいんじゃね?例えばバーディ取ったら帽子胸に当ててボール拾うとかさ。チェ・ホソンは誰にも理解出来ない天才だから、そこまでしなくていいけどさ(笑)笑われるってことは覚えて貰えてるってことだから興行であるプロスポーツでは重要なんだよ。ウェアももっとハデハデにしちゃえよ。

後続組みもけっこう追い上げたんだけどな、あれが目いっぱいなんだろかな。

で、来週は全米プロね。ニューヨークでSee You♪

ではまた!

 

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。