山中慎介“神の左”炸裂TKO勝ちでV12!

      2017/04/09

WBC世界バンタム級王者・山中慎介(34)=帝拳=が、挑戦者で同級6位カルロス・カールソン(26)=メキシコ=から5度ダウンを奪ってTKO勝ちし、国内歴代単独2位の12度目の防衛を達成した。日本記録は具志堅用高氏の持つV13。山中は右フックを狙ってくる挑戦者に対し、距離を取りながら左ストレートで応戦。山中は5回で2度ダウンを奪ったが、同ラウンドでは挑戦者の反撃を受けた。そして6回で山中は再び“神の左”でダウンを奪い、7回でもダウンを奪い、TKO勝ちした。試合後、山中は「KOもできましたが、相手が来たときの対処など反省があった。KOのラウンドでリズムが出てきた。序盤からキビキビ動きたかった」と 次戦は具志堅氏の日本記録となるV13に挑戦となる。「(数字は)自分は意識していない。みなさんが楽しんでもらえれば。結果がついてくる」と話していた。

@山中選手12回目の防衛オメデトン!

いや~、相変わらず左ストレート強烈だなあ。アレ食らったら立ってられないね。

5R目で2回ダウンさせてからいいパンチ貰っちゃったけど、アレは3ノックダウンさせたくなくて手を抜いたね。カスッたようなパンチで尻もちみたいな終わり方より以降のラウンドでスッキリ倒したかったんだろね。

で、やっぱりそういう風なキメ方しちゃうのは流石だね。

次防衛すると具志堅に並ぶけど、この調子だと20回くらいやっちゃうんじゃないの?

まあ次回も楽しみにしましょう。ではまた!

 

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。