2016リオオリンピック 女子平泳ぎ200m決勝

      2017/04/09

【リオデジャネイロ=読売取材団】リオデジャネイロ五輪第7日の11日(日本時間12日)、競泳女子200メートル平泳ぎが行われ、金藤かねとう理絵(27)(Jaked)が2分20秒30で初優勝を飾った。

日本勢のこの種目の優勝は、1992年バルセロナ大会の岩崎恭子以来24年ぶり。

全体2位で決勝に進んだ金藤は、レース序盤から好位置をキープ し、150メートルの折り返しでトップに立って逃げ切った。今大会の競泳勢の金メダルは、男子400メートル個人メドレーの萩野公介(21)(東洋大)に 続いて2個目。今大会日本勢の通算では7個目の金メダル獲得となった。

img_dcafc64cb737f0657c02c520c750c805163722

金藤ちゃん怒涛の金メダルオメデトン!

なんかネットで色々書かれてるみたいだけんども、だから何?ってカンジね(笑)

ではまた!

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。