2018WGCデルマッチプレー 最終日

   

◇世界選手権シリーズ◇WGCデルテクノロジーズ マッチプレー 最終日(25日)◇オースティンCC(テキサス州)◇7108yd(パー71)
決勝トーナメントを勝ち上がった4選手が争った最終日。バッバ・ワトソンケビン・キズナーによる決勝戦は、7&6でワトソンが勝利して、今季2勝目を飾った。ワトソンは2015年の「WGC HSBC選手権」以来となる世界ゴルフ選手権2勝目。決勝戦はワンサイドゲームだった。1番をバーディで獲ったワトソンに対し、キズナーは2番から4連続ボギー(5番はコンシード)とし、ワトソンが5ホールで5アップ。12番(パー5)をバーディとしたワトソンが7アップとし、わずか12ホールでキズナーを退けた。準決勝でワトソンに敗れたジャスティン・トーマスと、キズナーに敗れたアレックス・ノレン(スウェーデン)との3位決定戦は、ノレンが5&3で勝利。今大会で決勝戦に残れば世界ランキング1位に浮上したトーマスだったが、次週以降にお預けとなった。

<決勝戦>
〇B.ワトソン 7&6 K.キズナー
<3位決定戦>
A.ノレン 5&3 J.トーマス
<準決勝>
B.ワトソン 3&2 J.トーマス
K.キズナー 19holes A.ノレン

@B.ワトソン今季2勝目オメデトン!

もう野球だったらコールドゲームだね。

いくらキスナーが不調でも鬼だろコレ(笑)

キスナーは回転がフィニッシュまで続かないからボールが曲がったね。これは確実に疲れだよ。
このへんはトーマスなんかにも言えることです。
もうこのレベルの人達は技術の差は無いので、その日のコンディションをどう管理するかに掛かってるんですね。

さてさてB.ワトソンが復活もいいところなのでマスターズでどうなるか楽しみです♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。