2018日本プロゴルフ選手権 最終日

   

◇国内メジャー◇日本プロ選手権 最終日(13日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)
大粒の雨となった最終日。谷口徹と藤本佳則が通算6アンダーで並び、プレーオフに突入。谷口が2ホール目でバーディを奪い、藤本を振り切って涙の優勝を遂げた。2012年以来となる大会3勝目はツアー20勝目。50歳92日での優勝は、尾崎将司の持っていた49歳109日を上回り、国内メジャー最年長優勝記録を更新した。1打差の2位から出た谷口は3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。最終18番で4mのバーディパットを沈めて単独首位スタートの藤本に追いついた。稲森佑貴、オーストラリアのブレンダン・ジョーンズとマシュー・グリフィンの3人が通算5アンダーの3位。昨年覇者の宮里優作は通算4アンダーの6位で、星野陸也、小鯛竜也らと並んだ。石川遼は「72」でプレーし、通算3オーバーの34位で終えた。

@谷口選手、大会3勝目と最年長優勝のダブルでオメデトン!ついでにヤマハもオメデトン!

いや~、やったな~、ホントに良かった良かった!

この試合、谷口はパターが物を言わせたな。本線17、18番、プレーオフ決着の2ホール目、いずれも5m前後の難しいヤツを上手く捻じ込んだのが勝因というか、普通こんなに入らないだろ。お見事としか言いようがないわ。

藤本はビッグタイトル奪取寸前で撃沈しちゃったけど、若さが露呈した感じだな。大詰めでことごとくドライバーを失敗したのは平常心を保てなかったからだね。

谷口はだいぶ老けたっていうか、やっとヘアスタイルとマッチしてきたと言うべきか(笑)
彼は昔キャロ契約で自分が今使ってるメンフィス10っていうシャフトで賞金王獲ったんだよな。SRなんで選手は使わないシャフトなんだけど好きだったみたいね。解説の丸山プロもこのシャフトで米ツアーに挑んだんだと記憶している。もう生産中止になったけど、隠れた魅力がこのシャフトにはある筈なんで大事に使おうと思います。

谷口選手、重ねておめでとうございます。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。