2018全米オープン 最終日

   

<全米オープン 最終日◇17日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7440ヤード・パー70)>
海外メジャー「全米オープン」最終日が終了。アンダーパーが0人という過酷な戦いを制し、ブルックス・ケプカ(米国)がトータル1オーバーで優勝を決めた。ケプカは最終日に5バーディ・3ボギーの「68」をマーク。大会連覇を達成し、ツアー3勝目を挙げた。大会連覇を果たしたのは、1988、89年のカーティス・ストレンジ(米国)以来7人目となる。また、ケプカは国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」では2016、17年と連覇を果たしている。1打差・2位には、この日に「63」をマークして7ストローク伸ばしたトミー・フリートウッド(イングランド)。首位タイから出たダスティン・ジョンソン(米国)は、イーブンパーとスコアを伸ばせず2打差・3位に終わった。日本勢で唯一の決勝ラウンド進出となった松山英樹は、前半で4連続バーディを奪うなど猛チャージするも後半で停滞。最終日を「66」で終え、トータル10オーバー・16位タイとなった。

@ブルックス・ケプカ選手、大会2連覇オメデトン!ついでにナイキもオメデトン!

ケプカは宮崎のダンロップフェニックスに勝った時に初めて見たけど、その時と同じ軸の太い力強いスイングで最後まで押し切ったね。

パトリック・リードが前半の勢いでグングン行くのかと思ったら途中中だるみしたのは残念ね。

ダスティン・ジョンソンは何か昨日のプレーを引きずったような噛み合わせの悪いゴルフになっちゃったね。

それもこれもパチンコ屋みたいに、昨日絞り取って今日は爆出しで割数合わすってホルコン調整みたいなコースセッティングのせいだね。いいスコアが出ないようにって言ってもアレはちょっと選手がかわいそうだよな。

次は全英ね。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。