2018ワールドカップロシア大会 決勝 フランスvsクロアチア

   

サッカーの第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会最終日は15日、モスクワのルジニキ競技場で決勝が行われ、フランスがクロアチアを4-2で下し、自国開催だった1998年大会以来、5大会ぶり2度目の優勝を果たした。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング7位のフランスは準決勝でベルギーを1-0で退け、3大会ぶり3度目の決勝だった。フランスは前半18分、グリーズマンのFKが相手選手に当たり先制。1-1に追いつかれた同38分にグリーズマンのPKで勝ち越した。後半は14分にポグバ、同20分にはエムバペがそれぞれ鮮やかなミドルシュートで得点し、勝負を決めた。

 ↑動画は youtubeで見る をクリック!

@フランス代表チーム、ワールドカップ優勝オメデトン!ついでにブリジットもオメデトン!

いんや~、フランス怒涛の攻めキタワン!やっぱスピードと的確さが一枚上だね。

大昔にパリに行った時に、けっこう黒人が多いんだなって思ったんだけど、サッカーは輪をかけてそうなってるみたいね。

クロアチアもスピードには負けないんだけど、シュートの的確さで一段劣るカンジだね。

ベットも38€ゲッツで言う事無しの幕切れでした。次回大会はデカく張るぜい♪

ではまたね~!

 

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。