2016リオオリンピック 男子体操団体総合決勝

      2017/04/09

リオデジャネイロ五輪の体操は男子団体総合決勝が行われ、予選4位の日本は合計274.094点で優勝し、2004年アテネ五輪以来3大会ぶり7度 目の金メダルを獲得した。ロシアが271.453点で2位に入り、3位だった00年シドニー五輪以来の表彰台となった。予選1位の中国は271.122点 の3位。

日本は1種目目のあん馬で山室光史(コナミスポーツ)が落下し、苦しいスタートとなった。しかし、最年少19歳の白井健三(日体 大)が跳馬と床運動で高得点。唯一全6種目に出場したエース内村航平(コナミスポーツ)や、5種目出場の加藤凌平(コナミスポーツ)も安定した演技でチー ムを引っ張った。先行したロシアは終盤2種目で得点が伸び悩み、3連覇を狙った中国もミスが目立ち、最終的には大差がついた。

91

予選はグダグダだったんだけど決勝は大差つけたな。12年ぶりの金オメデトン!

個人もがんばれや♪

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。