2016リオオリンピック 柔道男子73キロ級決勝

      2017/04/09

リオデジャネイロ五輪は大会第4日の8日、カリオカアリーナで柔道男子73キロ級を行い、大野将平(旭化成)は決勝でルスタム・オルジョイ(アゼル バイジャン)に一本勝ちし、金メダルを獲得した。競泳男子400メートル個人メドレーの萩野公介(東洋大)に続く、今大会での日本勢2つ目の金メダル。柔 道ではこれまで銅メダルを5つ獲得しており、大野が初めての金メダルに輝いた。

大野は1分44秒に技ありを奪い、オルジョイをリード。その後も内股などで積極的に攻め続け、3分15秒に小内刈りで一本を決めた。

 8月8日、リオデジャネイロ五輪、柔道の男子73キロ級、大野将平が金メダルを獲得した(2016年 ロイター/Toru Hanai)

大野はいい面構えしとるなあ、キョーザ耳だし♪

5試合全部投げの一本はお見事!

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。