2016リオオリンピック 男子400メートル個人メドレー決勝

      2017/04/09

◇リオデジャネイロ五輪競泳(2016年8月6日)
男子400メートル個人メドレー決勝で、世界ランク1位の萩野公介(21=東洋大)が4分6秒05の日本新記録で優勝。日本選手団の金メダル第1号と なった。瀬戸大也(22=JSS毛呂山)は4分9秒71で銅メダル。米国のチェース・ケイリシュが4分6秒75で2位となった。
全体の3位で決勝に進出した萩野は2種目の背泳ぎでトップに。最初のバタフライをトップで折り返した瀬戸が平泳ぎで3位に落ちた。最後の自由形でケイリシュが追い上げたが、萩野が最後までリードを守りきった。

9

萩野金メダル一号オメデトン!

最後までグイグイいったな。

この調子でもういくつかたのんます♪

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。