2018全英リコー女子オープン 最終日

   

◇海外女子メジャー◇全英リコー女子オープン 最終日(5日)◇ロイヤルリザム&セントアンズGC (イングランド)◇6585yd(パー72)
今季メジャー第4戦は、最終組同士の“マッチプレー”の様相を呈した。1打差の2位から出た地元イングランドの22歳ジョージア・ホールが6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算17アンダーとしてツアー初優勝をメジャー制覇で飾った。イングランド勢の全英制覇は2004年のカレン・スタップルズ以来。首位で出た同じ組のポルナノン・ファトラム(タイ)は終盤17番でダブルボギーをたたき、2打及ばず通算15アンダーの2位で終えた。ユ・ソヨン(韓国)が通算13アンダーの3位に入った。3打差の4位で出た比嘉真美子は4バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「73」とし、通算9アンダー。アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、キム・セヨン(韓国)と並び4位とした。1977年「全米女子プロ」の樋口久子以来の日本勢メジャー制覇は逃したが、来年の全英出場権を獲得した。岡山絵里は「72」でプレーし、通算4オーバーの52位だった。

@ジョージア・ホール選手、ツアー初優勝をメジャー制覇というダブルでオメデトン!

終始シャキシャキしてて気持ちよくプレーする選手だね、まあ活きがいいというか。
こんだけのプレーが出来るんだから2勝目も近いだろね。まあ頑張れ。

ファトラムはこれでもかってくらいボギー打たずに来たけど、16番で1打抜かれてからタガが外れたように崩れちゃったな。

比嘉は伸びなかったね。でも1オーバーで堪えたのは次に繋がると思うよ。
ていうかUS行った方がいいくらいの実力あるな。あっぱれ!

予選を通った他選手も難コースをよく頑張りました♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。