2018ブリヂストン招待 最終日

   

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日(5日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)
3打リードの単独首位からスタートしたジャスティン・トーマスが「69」とし、通算15アンダーで世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズ初優勝を飾った。2バーディ、1ボギーのプレーで後続に4打差をつけ、ディフェンディングチャンピオンとして迎える次週の「全米プロゴルフ選手権」に向けて弾みをつけた。通算11アンダーの2位にカイル・スタンリー。通算10アンダーの3位にダスティン・ジョンソンとトービヨン・オルセン(デンマーク)。さらに1打差の5位にブルックス・ケプカが続いた。4年ぶりの出場となったタイガー・ウッズは28位からのスタート。2つのダブルボギーをたたくなど「73」と落とし、通算イーブンパーの31位で終えた。36位スタートの松山英樹は1イーグル2バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「72」とし、通算1オーバーの39位でディフェンディング大会を終えた。前半2番(パー5)でイーグルを先行させるなど5番までに4つ伸ばしたが、直後の6番でダブルボギーをたたいて失速した。43位から3日連続の「71」とした時松隆光が、同順位に並んだ。小平智は「74」として通算7オーバーの63位。市原弘大は今週初めてのアンダーパーとなる「68」をマークし、通算13オーバーの69位で終えた。

@ジャスティン・トーマス選手、世界ゴルフ選手権シリーズ初優勝オメデトン!
ついでにグランドペアレンツもオメデトン!

スコア的には平凡だったし、追い上げ陣もショボかったので試合的に盛り上がりには欠けたね。
まあピン位置も難しいし、大舞台でフツーにプレー出来たって事が凄い訳だけどね。

マキロイはここんとこ不調なわけだけど、要するに振り過ぎなんだね。強振すれば飛ぶけど、それに耐えうる下半身が伴わなければ曲がっちゃうんです。なのでフィジカル的な問題を解決するか、もうちょっとソフトにスイングするかの二択になってるのが今の状況ですね。

11月にもう一発あるから各選手は頑張りましょう♪

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。