2019ダイキンオーキッド 最終日

   

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 最終日(10日)◇琉球GC(沖縄県)◇6514yd(パー72)
7打リードの単独首位からスタートした比嘉真美子が3バーディ、3ボギー2ダブルボギーの「76」とし、通算5アンダーで開幕戦を制した。2018年「KKT杯バンテリンレディス」以来となるツアー通算5勝目。沖縄県勢の大会優勝は、2004年の宮里藍さん以来15年ぶりとなった。ときおり強い風雨が襲う不安定な天候の中、比嘉は前半8番と13番のパー3でダブルボギーをたたくなど苦戦。それでも3日目までの貯金を生かして後続を3打差で振り切り、最後は30センチのウィニングパットを入れた。通算2アンダーの2位に地元出身でホステスプロの新垣比菜、穴井詩、エイミー・コガの3人が続いた。松田鈴英、申ジエ(韓国)、福田真未が通算1アンダーの5位だった。畑岡奈紗は4オーバーの17位、イ・ボミ(韓国)は7オーバーの34位で終えた。

@比嘉真美子選手、ツアー通算5勝目オメデトン!ついでにピンもオメデトン!

貯金があるとズルズル打っちゃう典型だったけど、17番のバーディで生き返ったな。
ボギーとかだったら大変だったぞ(笑)

全体的にスコアが伸びなかったのは、粘っこいラフと強風のコンボで大たたきしちゃうからね。
オアフにニューエバビーチってコースがあるけど似てるかもな。ここのラフ入れたら根が絡み合ってるから球飛ばなくなっちゃうんだよね。アプローチなんかもザックリやるんだよな。畑岡もやってたな(笑)

開幕戦も無事終了して、今年の熱戦がこれから楽しみですね♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。