2021マスターズ 最終日

   

◇メジャー第3戦◇マスターズ 最終日(11日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7475yd(パー72)

松山英樹が日本人として初のメジャー制覇を遂げた。4打差の首位で出た「マスターズ」最終日を4バーディ、5ボギーの「73」でプレーし、通算10アンダーとして 1打差で逃げ切った。2011年に初出場でローアマチュアを獲得してから、10回目の挑戦で悲願のグリーンジャケットを手にした。アジア勢のメジャー優勝は2009年「全米プロ選手権」のY.E.ヤン(韓国)以来2人目で、マスターズでの達成は初めて。松山は愛媛県出身の29歳。2013年にプロ転向して14年から米ツアーに本格参戦し、同年の「ザ・メモリアルトーナメント」で初優勝した。17年8月の「WGCブリヂストン招待」で5勝目を飾ってから3シーズンは勝利がなく、3年8カ月5日(1344日)ぶりの6勝目となった。マスターズの日本勢の最高位はこれまで、2009年の片山晋呉の4位だった。松山は大会初日を「69」として、首位と4打差の2位で発進。2日目は「71」で6位に後退したが、3日目に「65」をマークして後続に4打差の首位に抜け出していた。ウィル・ザラトリスが通算9アンダー2位。

松山英樹選手、マスターズ優勝超オメデトン!ついでにジャパンもオメデトン!グリーンジャケットい~な~♪馬券サンキュー!

マジでやっちゃったな(笑)もうどうせならグランドスラム目指そうよ♪

で、試合展開は決して昨日のようなスーパープレイって訳にはいかず、前半は2つ伸ばしたもののバックナインで3つ落として、トータル1オーバーの1打差優勝は辛勝っていう印象だったね。これ、後続が伸びてたら逆転されてただろね。結果的に貯金4つあってちょうど良かったって話ね。こういうのも勝利の女神がらみなんだろね。

後続のローズ、リーシュマン、ザラトリス、シャフリーも頑張ったんだけど、なんせこのコース、攻めるとドツボにハマる仕掛けが随所にあるんでどうにもならなかったカンジだね。結論を言うと、そういうタフなコースで4打差をつけて最終日に臨めた松山がスーパーなんだと思うね。重ねてマスターズ優勝、本当におめでとう!ではまたね~!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。