2020富士通レディース 最終日

   

◇国内女子◇富士通レディース 最終日(18日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659yd(パー72)

韓国の申ジエが1打差2位から出て4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算7アンダーで逆転優勝。2019年6月「アース・モンダミンカップ」以来となるツアー通算25勝目をあげた。前年覇者の古江彩佳は7バーディ、1ボギーの「66」で回り、ペ・ソンウ(韓国)と並んで通算5アンダー2位につけた。単独首位から出た浅井咲希は1バーディ、2ボギーの「73」と伸ばせず。西村優菜、比嘉真美子、全美貞(韓国)と並んで通算4アンダー4位。前週優勝の稲見萌寧はホステスプロ柏原明日架とともに通算3アンダー8位。賞金女王の鈴木愛は「69」でプレーし、通算1アンダー12位で終わった。

申ジエ選手、ツアー通算25勝目オメデトン! A180い~な~♪

さすがに強いな、クラブが絶妙に上から入るんでどんなライからでも自由自在だな。地面から打つ競技なんで、実はこれがとてつもないアドバンテージなんだよね。

古江も大健闘でー5まで伸ばして、申ジエの崩れ待ちだったんだけど淡い期待だったね。それにしても古江はショートゲーム上手いよな、コレだけだったら世界レベルなんじゃないかな。

次は1週おいて樋口さんの三菱ね。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。