2020-21ザ・CJカップ@シャドークリーク 最終日

   

◇米国男子◇ザ・CJカップ@シャドークリーク 最終日(18日)◇シャドークリークGC(ネバダ州)◇7527yd(パー72)

首位に3打差の2位タイから出たジェイソン・コクラックが8バーディ、ボギーなしの「64」をマークし、通算20アンダーとして逆転優勝を飾った。身長193㎝の飛ばし屋は2013年のシード獲得から、35歳でツアー初勝利を手にした。2打差の通算18アンダー2位にザンダー・シャウフェレ。トップで最終日を迎えたラッセル・ヘンリーと、前週の欧州ツアーの旗艦大会「BMW PGA選手権」を制したティレル・ハットン(イングランド)が17アンダー3位タイに入った。大会連覇を狙ったジャスティン・トーマスは8アンダーの12位タイ。10位スタートの松山英樹は4バーディ、3ボギー1トリプルボギーの「74」とスコアを落とし、ロリー・マキロイ(北アイルランド)らと同じ通算6アンダーの21位タイでフィニッシュした。新型コロナウイルス感染拡大によりラスベガスで行われた大会は、2021年に韓国に戻り、ソウル近郊のヘイスリー・ナインブリッジGCで行われ予定。

@ジェイソン・コクラック選手、ツアー初勝利オメデトン!ついでにBETMCMもオメデトン!

巨漢の割には軽く振るウェッジショットが上手いね。スイングはごくオーソドックスですね。やっぱり前半がほとんどバーディっていう確変ハーフが効いちゃったな。

シャフリー他後続は伸びそうで後半追いつかなかったな。ちょっとしたトラップが効いてるからどっかで打っちゃうのかもね。

ここラスベガスだよね、こんな砂漠によく作ったもんだね、綺麗だしギャンブルの前に回りたいコースだね♪

来週はCAでZOZOなのね。ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。