2018チャールズシュワブカップ 最終日

   

◇米国シニア◇チャールズ・シュワブ・カップ選手権 最終日(11日)◇フェニックスCC (アリゾナ州)◇パー71
6位スタートのビジェイ・シン(フィジー)が10バーディ、ボギーなしの「61」で回り、通算22アンダーで逆転優勝。今季3勝目を挙げてシーズン最終戦を締めくくった。年間ポイントレース「チャールズ・シュワブ・カップ」を制したのは、ランキングトップで最終戦を迎えていたベルンハルト・ランガー(ドイツ)。今週を13位で終え、衰え知らずの61歳が2年ぶり5度目の年間王者に輝いた。ランガーは今季、5月「インスペリティ招待」と10月「SAS選手権」で2勝を達成。6度の2位フィニッシュなど優勝争いに加わり続け、年間タイトルの奪還に成功した。「61歳にして大きな成果を挙げることができた」と充実のシーズンを振り返り、ワインで祝杯をあげた。

@ビジェイ・シン選手、今季3勝目オメデトン!

並びにベルンハルト・ランガー選手、年間王者オメデトン!

ビジェイは61とか爆発するにも程があるだろよ(笑)
後半の数ホールは怒涛の如きというか、無慈悲なバーディラッシュだったわ。
体型もレギュラーツアーのままだし黒いから訳わかんないよなビジェイは(笑)

マッキャロンは6打差ぐらいあったのをひっくり返されたんだから熱いよな、年間王者がかかってたし。

ランガーは相変わらずカッケーな。こういうトシの取り方をしたいもんだな。
このカラダの感じはトレーニングを上手くやってるんだと思うけど大したもんだよ。

さて米シニアツアーも今年はこれで最後です。来年も楽しい試合をお願いしますね。

ではまた!

 

 

 

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。