2019ワールドレディスサロンパスカップ 最終日

   

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(12日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

首位から出た20歳の渋野日向子(しぶの・ひなこ)が4バーディ、3ボギーの「71」でプレー。通算12アンダーでツアー初優勝をメジャーで飾り、ホールアウト後は涙を流した。20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(韓国)の20歳273日を更新する大会史上最年少Vとなった。1打差2位にペ・ソンウ(韓国)がつけ、通算7アンダー3位に穴井詩。通算5アンダー4位にアマチュア吉田優利(日本ウェルネススポーツ大)と笠りつ子が並んだ。通算4アンダー6位にペ・ヒギョン(韓国)、永井花奈、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)の3人。前年覇者の申ジエ(韓国)は通算イーブンパーの16位で終えた。

@渋野日向子選手、メジャーで初優勝オメデトン!ついでにPINGもオメデトン! 

どんどん知らないのが出てくるからビビるな(笑)
線が細いからそのうち崩れるかなと思ってたら最後まで絶好調でいったわ。
まあゴルフの優勝者っていうのは、その週に心技体が揃って運も味方してくれるっていうのがほとんどなんだけど、よりによってメジャーだもんな(笑)
これで3年シード貰えるけど、一発屋にならないように頑張って欲しいな。

ペ・ソンウは16番セカンドのプッシュアウトが痛恨だったな。ダボでほぼオワコンだね。
ダウンの軌道がフック系だったけど左下がりと逆行してるっしょ。これでターンがボヤケたね。

吉田優利もアマチュアながら大健闘だね。今後期待の星になれるかな?まあ頑張れ♪

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。