2019ウィンダム選手権 最終日

   

◇米国男子◇ウィンダム選手権 最終日(4日)◇セッジフィールドCC (ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

3打差の5位から出たJ.T.ポストンが1イーグル6バーディの「62」をマークし、通算22アンダーとして逆転でツアー初勝利を飾った。今季がツアー3年目の26歳。地元のノースカロライナ州で歓喜の瞬間を迎えた。ウェブ・シンプソンが1打差の21アンダー2位でフィニッシュ。単独首位から初優勝を狙ったアン・ビョンフン(韓国)は「67」にとどまり、20アンダーの3位に終わった。6月にプロ転向したばかりのビクトル・ホブラン(ノルウェー)が19アンダー4位に入った。昨年秋に開幕した2018ー19年のレギュラーシーズンが終了し、ブルックス・ケプカ以下フェデックスカップポイントランキング上位10人に今季新設された「ウィンダムリワード トップ10」として最高200万ドル(2億1320万円)のボーナスが付与された。ツアーは次週「ザ・ノーザントラスト」(ニュージャージー州リバティーナショナルGC)から全3戦のプレーオフシリーズに入る。

@J.T.ポストン選手、ツアー初優勝オメデトン!ついでにタイトもオメデトン!

4日間ノーボギーはスゲエな。それでいて今日は8個潜ってんだから強烈っしょ(汗)

スイングはアップライトなアップ&ダウンで、基本フェードの歯切れの良いオーソドックススタイルだね。
こういう選手が初優勝ってんだから、改めてPGAツアーの層の厚さを感じるね。  

アン・ビョンフンは15番のアンプレが痛恨っしょ。コレなきゃ最低でプレーオフになってたんじゃね?
でもまだ若いから沢山チャンスはあるさ。

来週はニュージャージーでシーユー♪

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。