2020全米女子オープン 最終日

   

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 最終日(14日)◇チャンピオンズGCサイプレスクリークコース(テキサス州)◇6731yd(パー71)

1打差の単独首位から出た渋野日向子は2バーディ、5ボギーの「74」で回り、通算1アンダー4位でフィニッシュ。日本人初となるメジャー2勝目と「全米女子オープン」制覇はならなかった。戦いを終え「自分らしいゴルフがなかなかできなかった。体を動かそうと思っても、寒さで動かなかった。耐えられるところを耐えまくってのゴルフ。そういうゴルフでは通用しないんだなと思った」と語った。さらに「きょうの悔しい気持ちはアメリカツアーでしかはらせない。またここで戦いたい」と力を込めた。前半で2ボギーが先行し、通算2アンダーで同じ最終組のエイミー・オルソンとトップを並走する形で後半へ。10番はグリーン手前エッジからのバーディトライがショート。パーパットはカップをのぞきながら右に外れ、2位に後退。続く11番もフェアウェイからの2打目をグリーン右に大きく外し、連続ボギーをたたいた。13番(パー5)で3打目をチャンスに絡め、この日最初のバーディで再び1打差に迫った。16番(パー3)でも5UTで奥3mほどにつけたが、バーディパットはひと筋右を抜けてパー。17番で3パットボギーを喫した。18番で下りのロングパットを沈め、バーディで締めた。

優勝は25歳のキム・アリム(韓国)。5打差9位から出て上がり3連続バーディを含む6バーディ、2ボギーの「67」で通算3アンダーとして大会初出場で頂点に立った。通算3オーバー9位のケイトリン・パップがローアマを獲得。9人が予選通過を果たした日本勢では高橋彩華も4バーディ、4ボギーの「71」で通算4オーバー11位タイに入った。

キム・アリム選手、メジャー初制覇オメデトン!ついでにSBIもオメデトン!

上がり3ホール連続バーディで2打差つけて単独トップでフィニッシュしたわけだけど、残り3ホールでこの状況は後続にとってはきっついよな、なにしろコレ以下には崩れてくれないわけだからね。

渋野は千載一遇のチャンスだったのに予選ラウンドのパフォーマンスが出せなかったね。これが荒天で1日伸びた影響なのかは神のみぞ知るところだけど、もしそうならアンラッキーもいいところだよね。まあパフォーマンス的には世界のトップクラスなのは今回改めて証明してくれたのでまた同様のチャンスは今後巡って来てくれると思うので次の機会に期待しましょう。

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。