2022ザ・プレーヤーズ選手権 最終日

   

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 最終日(14日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7256yd(パー72)

17年ぶりに月曜にずれ込んだ“第5のメジャー”。第3ラウンドの残りに続いて最終ラウンドが行われ、2打差6位から出たキャメロン・スミス(オーストラリア)が通算13アンダーで逆転優勝を飾った。1月「セントリートーナメントofチャンピオンズ」以来となるツアー通算5勝目。出だしいきなり4連続バーディ。7番から3連続ボギーを喫し、一時は5人がトップで並ぶ大混戦となったが、10番から再びの4連続バーディで抜け出した。1Wショットが乱れた18番でフェアウェイに出そうとしたセカンドを池に入れたが、ボギーでしのいで「66」。フェデックスカップポイント600pt、5年シードに加え、4大メジャーをはるかにしのぐ優勝賞金360万ドル(約4億1500万円)を手にした。豪州勢による大会制覇は5人目(スティーブ・エルキントン2勝、グレッグ・ノーマン、アダム・スコット、ジェイソン・デイ)だった。第3ラウンドを首位で終えたアニルバン・ラヒリ(インド)は1打及ばず2位でPGAツアー初優勝には届かなかった。ポール・ケーシー(イングランド)が11アンダー3位、ケビン・キズナーが10アンダー4位、キーガン・ブラッドリーが9アンダー5位で続いた。59位スタートのダスティン・ジョンソンがコースレコードに並ぶ「63」をマークし、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)らと同じ7アンダー9位でフィニッシュ。6アンダー13位のラッセル・ヘンリーは11番(パー5)で残り239ydのセカンドがカップイン。大会史上6個目となるアルバトロスを決めた。昨年大会優勝のジャスティン・トーマスはロリー・マキロイ(北アイルランド)らとともに3アンダー34位。世界ランク1位のジョン・ラーム(スペイン)は2オーバー55位で終えた。

キャメロン・スミス選手、ビッグなツアー通算5勝目オメデトン!ついでにタイトもオメデトン!

360万バックスとか超ラッキーじゃん、リーシュマンに美味いもんおごってやれよ(笑)

7,8,9番を3連続ボギーしてダンゴレースになった時は暗雲垂れこめたけど、後半10番からの4連続バーディで息を吹き返したな、で17番のベタピンバーディがダメ押しになったけど、なんちゅうライン狙うんだよ(笑)
もうこれで超一流の門を叩いた感じだから、もう一つなんかやったら殿堂入り候補だな、まあ頑張れ♪

来週はフロリダシリーズ最終のバルスパーね。ではまたね~!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。