2022全米プロゴルフ選手権 最終日

      2022/05/24

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(22日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

ジャスティン・トーマスがウィル・ザラトリスとのプレーオフを制し、2017年に続く大会2勝目を飾った。メジャー2勝目でツアー通算15勝目となった。7打差7位から出て5バーディ、2ボギーの「67」をマーク。通算5アンダーでザラトリスとのプレーオフに持ち込んだ。13番(パー5)、17番、18番の3ホール合計で争うプレーオフを2バーディとして、1バーディのザラトリスを退けた。最終日7打差からの逆転劇は1978年のジョン・マハフィーに並ぶ大会記録。後続に3打差の単独首位から出たルーキー、ミト・ペレイラはトップで迎えた最終18番でティショットをクリークに打ち込む痛恨のダブルボギー。キャメロン・ヤングとともに4アンダー3位となり、チリ勢初のメジャー優勝はならなかった。トミー・フリートウッドとマシュー・フィッツパトリックのイングランド勢、クリス・カークが3アンダー5位。初日首位発進のロリー・マキロイ(北アイルランド)は2アンダー8位でフィニッシュ。生涯グランドスラムがかかっていたジョーダン・スピースは4オーバー34位だった。55位で出た松山英樹は4バーディ、7ボギーの「73」でプレー。通算9オーバー60位で10年連続10度目の大会を終えた。星野陸也も同じく9オーバー60位。この日は2バーディ、3ボギー1ダブルボギー1トリプルボギーの「76」とスコアを落とした。

ジャスティン・トーマス選手、大会2勝目オメデトン!ついでにタイトもオメデトン!

まっさかまさかのジャスティン・トーマスの大逆転優勝キタわ(笑)

上が落ちて下が伸びると何でもアリっていう典型的な最終日だね。
まあこの難コースで67で回ったジャスティン・トーマスが流石と言えば流石なんだけどさ。可哀想だったのはペレイラね。もう最終ホールのティショットなんかシビれちゃってて当てるだけのコスり当たりで右池でトーシロみたいな素ダボだと。大昔に全英オープンでバンデベルデがトリやらかしたのに匹敵する悲劇だと思うよ。

で、プレーオフはジャスティン・トーマスとウィル・ザラトリスの3ホール勝負っていうテレ東の日曜お昼チックな勝負ね。まあいい勝負だったんだけどザラトリスがところどころコスった当たりになって、その分の差が出たっていう結果ね。まあジャスティン・トーマスの本線67が無いとこれも無かったわけだけどね。あ、ついでにトーマスパパもオメデトン!

来週はテキサスでチャールズシュワブです。ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。