2017KBCオーガスタ 最終日

   

国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」の最終日が27日、福岡・芥屋GC(7151ヤード・パー72)で行われ、昨年賞金王で首位から出た池田勇太(31)=フリー=が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算18アンダーで今季初勝利を飾った。これで通算17勝目。国内ツアーでの優勝は9年連続となった。
1番(パー4)で首位で並んでいた上井邦裕(34)=三好CC=が3メートルのバーディーパットを沈め、池田は一時2位に後退。それでも、11番(パー4)でこの日4つ目のバーディーを奪って抜き返すと、最終18番(パー5)をバーディーで締め。2位の上井に3打差をつけて優勝した。

@池田選手今季初優勝オメデトン!

いや~芥屋は暑そうだな。体力勝負って側面もあるぞコレ。

上井は最終ホールに絶対バーディ取って池田待ちなのにアソコに打っちゃダメじゃん。
まあこの辺も体力が消耗された結果なのかもしれないな。

池田選手は続けてなんかやりそうな悪寒?!

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。