2017リコーカップ 最終日

   

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 最終日(26日)◇宮崎CC(宮崎)◇6448yd(パー72)首位スタートのテレサ・ルー(台湾)が2バーディの「70」として通算15アンダーで逃げ切り、2014年に続く大会2勝目を飾った。鈴木愛が通算5アンダーの7位として賞金ランキングトップの座を守り、初の賞金女王に輝いた。日本人の賞金女王は、2013年の森田理香子以来4年ぶりとなる。鈴木は2013年にプロ転向した23歳。これまでに「日本女子プロ選手権」(2014年、16年)の国内女子メジャー2勝を含む5勝を遂げた。今季は「ほけんの窓口レディース」「アース・モンダミンカップ」で2勝を挙げている。通算11アンダーの2位に、韓国のイ・ミニョン。優勝すれば日本ツアー本格参戦1年目で賞金タイトル獲得の可能性もあったが、かなわなかった。通算10アンダーの3位に申ジエ(韓国)。通算9アンダーの4位に李知姫(韓国)。通算7アンダーの5位にアン・ソンジュ(韓国)が続いた。逆転女王には優勝が最低条件だったキム・ハヌル(韓国)は、通算6アンダーの6位で終えた。


@テレサルー選手余裕の逃げ切り優勝オメデトン!鈴木愛選手2度目の賞金女王返り咲きオメデトン!

なんかこの試合は優勝争いよりも、鈴木愛の賞金女王成るかというのが焦点になったね。

実力者の集まりのプロツアーで1年間トータルでトップを獲るわけだから並大抵のことではないよね。
実力以外でもケガをしないというのも条件になるしね。

あらためて、鈴木愛選手賞金女王おめでとうございます♪

さて女子ツアーは今日で最終ですが来年はどんな熱いシーンが観れるか楽しみです。

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。