2018ダイキンオーキッドレディス 最終日

   

女子ゴルフの今季ツアー開幕戦、ダイキンオーキッドレディース最終日は4日、沖縄県琉球GC(6558ヤード、パー72)で行い、首位と3打差の5位タイで出た日本ツアー参戦2年目のイ・ミニョン(25、韓国)がボギーなしで6バーディーを奪い、この日ベストの66をマーク、通算11アンダー、205で逆転優勝した。2017年7月のニッポンハムレディース以来、ツアー通算3勝目。大会は54ホールに短縮されたため、賞金ランクに加算される優勝賞金は1620万円。外国勢の開幕戦優勝は5年連続。2打差の2位はユン・チェヨン(韓国)。67で回った畑岡奈紗が諸見里しのぶ、前日首位の鈴木愛、李知姫(韓国)、申ジエ(同)、浜田茉優とともに7アンダーの3位に食い込んだ。ルーキーの勝みなみはイーブンパーの29位、新垣比菜は3オーバーの52位だった。

@イ・ミニョン選手開幕戦優勝オメデトン!若いのにホント安定してるよな。

腎臓がんを克服してこの活躍はビックリだね。やっぱり早期発見が大事なんだね。

最終18番2打目なんかトドメを刺すってカンジの2オンだったな(笑)

諸見里も故障からの復活で良かったな。なんかギラギラしたものが消えて達観したような表情になってきたね。また優勝目指して頑張って欲しいな。

さて今年の女子ツアーはどんな展開になるか楽しみですね♪

ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。